2019年3月15日金曜日

なかがわ男塾!ファッションショー

なかがわ男塾!~イカしたおやじになろう~

「なかがわ男塾!コレクション」☆目指せ!ちょいモテおやじになろう☆  を開催しました。


なかがわ男塾!とは・・・
 地域にあるサロンなど集う場には女性が多く、男性が参加しづらいという声をよく耳にしました。
 そこで対象を男性に絞り、内容も男性に楽しく参加いただける講座を企画し、男性が集える場として、なかがわ男塾!(以下、男塾)が誕生。

  「年齢とともに、ファッションに無頓着になっていませんか?」というキャッチコピーで、
区内の男性に声をかけさせていただき、14名の男性に集まっていただきました。

ファッションテーマは「春のお花見スタイル」
 おしゃれを意識することをきっかけに外出を楽しんでもらえるように、普段着ているものや
 タンスに眠っているファッションアイテムを使い、コーディネートをさせていただきました。

ファッションショー当日に向け、コーディネートを検討
 3月8日に男性参加者に集まっていただきました。
 テーマに沿った服を数点持参いただき、その中からプロのスタイリストより、着こなしや
 ウォーキング練習などアドバイスいただきました。
 
ファッションショー当日 
 おしゃれな姿に変身した男性参加者のみなさん。
 レッドカーペットを歩き、ポージングを決めてキラキラと輝いていました。

男性参加者の声  
 ・ちょいモテおやじになった気分
 ・明るい気持ちになった(高揚感を感じた)
 ・110パーセント、イカしたおやじになりました
 ・こんな楽しい気持ちになったのは久しぶり
 ・ファッションをきっかけに外へ出て、楽しむ気持ちを持ってほしい など

協力団体・企業等の紹介
 NPO法人シニアメイクセラピー協会、スタジオハートツリー
 株式会社JIN、クリエイティブケア研修会、筆工房禮
 ご協力いただきまして、ありがとうございました。

男性のみなさん、本当にお疲れ様でした。
これをきっかけにおやじパワーで、身近なおやじさんたちを引っ張り出して欲しいなと思います。(平林)

2019年3月12日火曜日

『八幡学区の福祉を考える!』研修会

3月12日(火)13:30~八幡コミセンにおいて
生まれも育ちも八幡学区、現在も学区内で開業されている
加藤クリニック 加藤政隆先生を講師に迎えて、
今後の八幡学区の福祉を考える研修会が開催されました。
 
当日は、民生委員・児童委員の皆さん、区政協力委員役員、
地域支えあいボランティアコーディネーター、
そして、八幡学区に関わる関係機関(区役所、保健センター、いきいき、社協)が参加しました。
 












加藤先生からは地域包括ケアシステムの中で、重要である在宅療養や救急対応、
名古屋市が進めるはち丸ネットワーク、はち丸在宅支援センター、在宅医療バックアップ事業
についてお話をいただきました。



その後は、八幡学区に関わる関係機関(区役所、保健センター、いきいき、社協)から
八幡学区の現状と課題、今後どのように地域課題に取り組んでいくべきかなどについて
お話をさせていただきました。

 
講義や関係機関からの情報提供の後、質疑応答・意見交換を実施しました。
参加されている皆さんは、今後の八幡学区の福祉に大きく関わり、
とても重要な役割を担っている方々です。
 
このような研修や課題共有、意見交換をする機会を持つことが、
地域包括ケアシステムの構築の大きな一歩になると思いました。
 
今後も、地域の皆さんと関係機関が一丸となって、福祉のまちづくりに
取り組んでいければと思っております。(幸)
 


2019年2月22日金曜日

“わがまちの地域包括ケアを考える”シンポジウム

テーマは「地域のつながりが元気につながる!」
2月15日(金)区役所講堂に、213名もの方々にご来場いただきました。
 

健康・介護予防⇔サロン⇔つながりある地域づくり

第1部は、日本福祉大学社会福祉学部准教授の 横山由香里先生にご講演いただきました。

我が国の「平均寿命」はどんどん伸びて世界の中でトップクラスです。
ところが、「健康寿命」も伸びてはいるものの、介護など誰かの助けを必要とする期間は男性約9年、女性約12年とあまり変化しておらず、細かくみるとむしろ長くなっているようです。
認知症予防や介護予防のために私たちはどんなことをしたらよいのでしょうか。

認知症予防に関して、「喫煙」「抑うつ」「運動不足」「社会的孤立」など、いくつかの改善できる要因があるようです。また、地域で役割がある高齢者は長生きしやすいというデータなどを紹介いただきました。

その上で、サロンへ参加することが、抑うつの改善、社会とのつながりの点で健康効果が期待でき、また、助けが必要になったときに支えあえる地域づくりにもつながる、とまとめていただきました。

さまざまな研究やデータをグラフでお示しいただいたり、市内16区との比較よる中川区の状況をお示しいただくなど、来場者から「とてもわかりやすい講演でした」と好評でした。



第2部では、区内のサロン活動の実践報告がありました。
サロン千代さん家の近藤千代子さんからは、自宅解放サロンでの取組の紹介があり、「町内で1つくらいを目安にサロンをつくっていきましょう」とのメッセージがありました。
また、介護老人保健施設ラ・ファミリアの健康づくりサロンの理学療法士 石田悦二さんから、地域のみなさんに施設のことを知ってほしい、介護施設や専門職の力を地域のみなさんに役立てていきたい、との思いが発せられました。


来場者から「現在サロンを運営しています。すごくためになりました。」「ボランティアをしていてよかった」などの声が届きました。

2019年2月21日木曜日

地域支えあい事業実施学区 合同活動連絡会議

現在、中川区6学区(八幡・常磐・昭和橋・中島・五反田・千音寺)で取り組まれている、
地域支えあい事業の合同活動連絡会議を休日急病診療所で開催しました。

地域支えあい事業とは、ちょっとした困りごとをご近所同士で解決する仕組みで、
身近なところで相談ができるよう各学区に相談窓口が設置されています。

通常は学区ごとに開催されている会議ですが、今回は各学区の情報共有や交流も兼ねて
6学区合同で行いました。

学区によって活動の形は様々ですが、お互いさまの関係づくりを拡げていくため
「顔の見える関係づくり」を身近なところで取り組んでいます。

  各学区の取り組みについて、ボランティアコーディネーターさんから報告していただいた後、
グループに分かれ現在の地域支えあい事業の課題について活発な意見交換がなされました。


今後も、地域支えあい事業に取り組まれている学区のみなさんと
意見交換を重ねながら、事業を進めていきたいと思います。

地域支えあい事業についてもっと知りたいと思われる方は、
ぜひ、中川区社会福祉協議会にご連絡ください。(平林)

2019年2月18日月曜日

はつらつ体操プログラムリーダー@八幡学区ふれあい給食会

毎月第3月曜日に中川福祉会館で開催されている
『八幡学区のふれあい給食会』に
はつらつ体操プログラムリーダーの皆さんとお邪魔しました。

前半は、社協から八幡学区で実施されている様々な取り組みについて
写真を見ていただきながら紹介しました。

後半は、※はつらつ体操プログラムリーダーさんによる
あとだしじゃんけん、脳トレ、連想ゲームなどをして楽しみました。




そして、食事の前には、咀嚼や嚥下機能回復に効果がある
『パタカラ体操』もしましたよ。



※はつらつ体操プログラムリーダーとは・・・はつらつ長寿推進事業(通称:みつば会)の参加者の中から希望者が必要なトレーニングを重ね、はつらつ会場や地域の施設・サロン等に出かけ、皆さんと一緒に体操プログラムを実施する方々です。



『お嫁に来た時、初めて暮らしたのが八幡学区だったんですよ。』とか
『介護していた、舅が嚥下が悪くてよく誤嚥性肺炎を起こして…嚥下はとても重要ですよ。』と
体験談も話してくださり、参加者の皆さんと同じ立場で、
楽しみながら一緒に身体を動かせるころが、
はつらつ体操プログラムリーダーさんの素敵なところですね。

これからも活躍を期待しています!


八幡学区の皆さん、今日はありがとうございました。

他の学区の皆さんも、はつらつ体操プログラムリーダーさんとの
楽しいひと時を希望される方は、是非社協までご連絡ください。(幸)

2019年2月15日金曜日

なかがわ男塾! 2月男の手料理講座

ポリ袋を使った料理術で、おつまみ作りに挑戦しました!

毎年好評となっている企画で、男性参加者の興味関心が高いものとなっています。
昨年から引き続き、ポリ袋を使った簡単調理方法を紹介させていただきました。
参加者の中には、エプロンを着け慣れている方もいて、包丁さばきも上手でした。

中川区介護保険事業所
【写真左】講師:尾下和子さん(サービス提供責任者) 
 
 
楽しみながら調理している様子
 
 ポリ袋に材料・調味料を入れ真空状態にしている様子
 
 
自然に一体感が生まれ、料理を通じてお互いの生活について盛り上がっていました。
おつまみ作りだけに、最後は「かんぱーい」と食べながら交流していただきました。
 
 
 
 
-次回予定-
 
「目指せ!ちょいモテおやじ☆」~イカしたおやじになろう~
日時:H31年3月 8日(金)10:00~12:00
    H31年3月15日(金)12:00~15:00
※上記日程に両日とも参加できる方
     参加申し込みは、中川社協(352-8257)まで  (平林)

参加者大募集中!!

2019年1月25日金曜日

つながり・支えあおう 地域福祉のすゝめ

毎年、名古屋市・名古屋市社会福祉協議会は
今後の地域福祉活動に活かしていただくため、市内の実践事例から学び合う
フォーラムを開催しています。


第3分科会では、『なごやか地域福祉2015セミナー』
~地域の多様な担い手のつながりから、
              地域福祉活動の拡がりを目指して~というテーマで、

中川区の八熊学区地域福祉推進協議会 竹尾副会長 と
社会福祉法人フラワー園のゼネラルマネージャーの吉田さんが
実践報告をされました。


八熊学区とフラワー園さんは7年程前から連携して、
ふれあい給食会、介護予防教室などに取り組む中で、

学区としては、フラワー園が身近で心強い存在となり、

フラワー園としては、地域に出向くことで顔の見える関係ができ
行事への「参加」ではなく、「共催」の意識が生まれたとの報告でした。

実践報告の中で、印象的だったのは
これから必要になるのは「交流」だけではなく、「対話」である。
というキーワードです。

『対話』とは・・・
「会話」とは違い、考え方の違う人とお互いを理解するためにするものである。

皆さんの地域でも、企業、社会福祉法人、施設など多様な担い手がつながり、
対話を重ねて、楽しみながら地域福祉推進の仕組みが作れるといいですね。

社協にもお手伝いできることがあれば、是非お声かけください!(幸)