2019年8月23日金曜日

令和元年度サマーボランティアスクールを開催しました

 今年で30回目を迎えたサマーボランティアスクールに、約200名の中高生が参加し、猛暑のなか、最大で5日間の日程で、区内の高齢・障がい・児童施設(40ヶ所)で活動しました。
 振り返りをおこなう事後研修会では、ボランティアを通して、得たもの・気づいたことを生徒同士で発表しあい、短い期間でも貴重な経験であったということを改めて感じてもらうことが出来たと思います。
 参加してくれた生徒のみなさん、本当にお疲れ様でした。
 また、お忙しいなか、サマーボランティアスクールにご協力いただきました、施設職員の皆様には厚く御礼申し上げます。(か)


活動の一コマ










2019年8月1日木曜日

なかがわ子ども楽校2019を開催しました!

今年で4年目になる『なかがわ子ども楽校』ですが、
今年も定員を超えるたくさんの子どもたちが参加してくれました。

今回の『なかがわ子ども楽校』は、
中川児童館、中川福祉会館、中川区東部いきいき支援センターとの共同企画で
開催しました。

午前中は中川生涯学習センターで
①レクリエーション、②料理、③宿題から自分のやりたいことを選んで取り組みました。
 









①レクリエーション
  レクリエーション講師:山崎先生を招いて、パステルや花材などの素材を使った  アートレクリエーションをしました。
   思い思いの色のパステルを使って、個性あふれる作品に仕上がりました。

   
 ② 料理
  普段、料理をする機会の少ない子たちも地域福祉活動計画の推進委員やボランティアから手ほどきを受けながら、みんなのお昼ご飯をおいしく作ってくれました。
 
③ 宿題
  夏休みの課題や習字など、ボランティアさんに教えてもらったりしながら、
集中して宿題に取り組みました。

お昼ごはんはおにぎりと豚汁です。

今年は中川区豊治学区で作られているお米『あいちのかおり』のおにぎり、
毎年ご提供いただいている中日本フードさんの『高原豚』や
寄付していただいたお野菜で作った豚汁をいただき、あっという間に完食でした。



豊治学区の伊藤委員さんから米作りについてお話を聞きました。


 午後は福祉会館・児童館に移動して、児童館に来ている子どもたちも合流して
中川区東部いきいき支援センターの職員さんから、
『にんちしょうのことを知る』お話や
福祉会館認知症予防リーダーさんによる、
にんちしょうのお年寄りのこと、声のかけかたなどがわかる『紙芝居』を
見せてもらいました。













2階の児童館ではbeing小本さんのパンが食べられる
オープンカフェやお手玉交流コーナーがあり、

サロン千代さん家の皆さんが
子どもたちのプレゼントとして手作りしてくださったお手玉で交流しました。




福祉会館では講師のかえでさんと
福祉会館パッチワーク同好会の協力による手芸コーナーで
フェルトで『ちんあなご』のブローチをつくりました。


 









 児童館内では、様々な場所・遊具で自由に遊びました。
児童館はいつでも遊べるので、遊び足りなかった子たちはまた遊びに行けるといいですね。

 

生涯学習センターに戻る前に、児童館・福祉会館のすぐ前にある、
中川区東部いきいき支援センターに立ち寄って、お話してくれた職員さんに
挨拶をしました。

中川区東部いきいき支援センターは、
「おじいちゃん、おばあちゃんが困ったときには、なんでも相談できる場所」
ということも今日覚えましたね。

 
 

 
今回の『なかがわ子ども楽校2019』は、
第3次地域福祉活動計画から始まった『子どもの居場所づくり』を継承し、
今年度4月からスタートした第4次地域福祉活動計画のメンバーで開催した
初めての『なかがわ子ども楽校』でした。

これからも活動計画の推進委員の皆さんと
今後の『なかがわ子ども楽校』について考えていきたいと思います。

企画・運営に参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!
参加してくれた子たちが大人になった時、今度は企画・運営に参加してくれることに
なったらうれしいです。(幸)


 

2019年7月31日水曜日

車いす定期点検の実施

名古屋市立工業高等学校の機械研究部のみなさんに点検していただきました!


 機械研究部のみなさんは、ジュニアマイスター顕彰を取得するため、日々勉学に励んでいる部活だそうです。その一方で、ボランティア活動にも幅を広げ、社協の一般貸出事業用と福祉教育用の車いす点検を定期的に行ってくれています。いつもありがとうございます。

今回は、3年生4名と1年生2名、顧問の先生に来ていただきました。
あいさつも気持ちよくしてくれる好青年が多いなといつも感心しております。
3年生はこれから就職活動が忙しくなるということで、がんばっていただきたいですね!

さすがはプロの卵!
あっという間に20台以上の車いすを点検してくれました。
さいごに部員のみなさんで集合写真!(笑顔が弾けています♪)
市工業 機械研究部のみなさん
一時的な貸出で使用いただく車いすのため、より多くの区民の方が、安心して使っていただけるように、年に数回定期点検を行っております。ご旅行での長距離移動、通院時等の移動手段など、必要なシーンで活用いただければと思います。
 気軽に社協までご連絡いただければと思います(℡:352-8257)。(平林)

2019年7月23日火曜日

ふれあいいきいきサロン「サロンまねき会」

昭和橋学区にあるサロンまねき会にお邪魔しました!


和気あいあいとした雰囲気の中、おしゃべりが絶え間なく続いていました。
サロン会場を拠点に近隣住民の立ち寄る場所になっているとのことで、約30名ほどの参加者。各々顔を合わせては、何気ない会話で笑顔が絶えない様子でした。

談笑している様子
紅白旗揚げの様子
(写真右端:サロン運営者の田中さん)
運営者の田中さんにお話を伺いました。
「サロンを始めてから、ここを拠点に高齢者の集いの場となった。八家1・2町内を中心に顔も名前も世帯状況も分かるようになった。」
「サロンで把握したちょっとした困りごとも5人くらいでお助け部隊が出来上がり、電球の交換・庭木剪定・通院同行などもやっている」
また、サロン参加者の中から『自転車ヘルメット広め隊』を集い、その功績として愛知県警や中川警察署から感謝状をいただいたとのこと。

そんな田中さんへ今後のサロン展望をお聞きしてみました。

既に将来のサロンのあり方をお考えで、子どもとの世代間交流や認知症の方を招き入れるイベント、学区周辺の福祉施設との交流企画をやってみたいとのことでした
田中さん曰く、良いと思うことは何でも取り入れてやってみることが大事。これはサロンでもサロン以外でも同じこと。紅白旗揚げも他のサロンでやっていたものをそのまま取り入れ、楽しくみんながやっていると語ってくれました。

田中さんはじめ、サロン従事者のみなさんとても明るい方が多いですね。
参加者のみなさん、温かく迎えてくださりありがとうございました。(平林)

2019年6月9日日曜日

西前田学区給食サービスに参加

西前田学区福祉推進協議会・民生委員児童委員協議会が開催する給食サービスにお伺いしました。 



児玉委員長から学区で企画するロコモ
体操へのお誘いがありました。
6月9日(日)、西前田コミュニティセンターにて、小雨の中、多くの高齢者の方が参加されました。

冒頭、児玉区政協力委員長(推進協会長)、眞野 中川区長からあいさつがありました。

また、学区担当の眞野保健師から熱中症予防に関する情報提供がありました。



食事の後には、コーヒーをいただき、みなさん、おしゃべりに花が咲いていました。


具だくさんのお味噌汁に栄養・愛情がたっぷり。
しっかり『おかわり』をいただきました。

最後に、西前田民生委員児童委員協議会の上田会長から「今日は男性の参加もありましたが、もっと多く参加いただけるとよいので、ぜひ、誘い合ってきてくださいね」との言葉があり、閉会。
中川区や学区からの情報提供、身近な地域の情報交換が充実した給食会でした。㋚




※このような一人暮らしなどの高齢者を対象とした給食会は、多くの学区で実施されています。
 開催経費の一部には、賛助会費や赤い羽根共同募金など地域の皆様の浄財が活かされています。


2019年6月6日木曜日

ふれあい給食サービス事業研修会2019

本日、ふれあい給食サービス事業研修会を開催しました。
一人暮らしの高齢者を対象としたふれあい給食サービス事業に関わる方を対象に、
年1回行っている研修会です。

前半は保健センターさんより、食品衛生上の注意事項や食中毒の基礎知識について
お話いただき、手洗いの重要性などについて再確認しました。


後半は “お肉のプロ” 中日本フード株式会社 中部第一事業部 中部特販部の皆様に
お肉に関する講話をしていただきました。

中日本フード株式会社様には、3年前から地域貢献のご意向をいただき、
得意分野であるお肉で、ふれあい給食サービス事業をはじめ
子ども会活動、子ども食堂など様々な地域活動の支援をしていただいています。


今日は、『牛、豚、鶏』の飼育から出荷まで、ステーキのおいしい焼き方、
世界のお肉事情、最近の報道でも気になる病気のお話など
普段聞けないお話をたくさん伺うことができ、参加者の皆さんもとても喜んでみえました。



講話の後はグループごとに情報交換をしていただき、
学区は違っても同じ課題があることや他の学区の工夫などを知っていただき
楽しく交流していただく機会になりました。(幸)

2019年3月15日金曜日

なかがわ男塾!ファッションショー

なかがわ男塾!~イカしたおやじになろう~

「なかがわ男塾!コレクション」☆目指せ!ちょいモテおやじになろう☆  を開催しました。


なかがわ男塾!とは・・・
 地域にあるサロンなど集う場には女性が多く、男性が参加しづらいという声をよく耳にしました。
 そこで対象を男性に絞り、内容も男性に楽しく参加いただける講座を企画し、男性が集える場として、なかがわ男塾!(以下、男塾)が誕生。

  「年齢とともに、ファッションに無頓着になっていませんか?」というキャッチコピーで、
区内の男性に声をかけさせていただき、14名の男性に集まっていただきました。

ファッションテーマは「春のお花見スタイル」
 おしゃれを意識することをきっかけに外出を楽しんでもらえるように、普段着ているものや
 タンスに眠っているファッションアイテムを使い、コーディネートをさせていただきました。

ファッションショー当日に向け、コーディネートを検討
 3月8日に男性参加者に集まっていただきました。
 テーマに沿った服を数点持参いただき、その中からプロのスタイリストより、着こなしや
 ウォーキング練習などアドバイスいただきました。
 
ファッションショー当日 
 おしゃれな姿に変身した男性参加者のみなさん。
 レッドカーペットを歩き、ポージングを決めてキラキラと輝いていました。

男性参加者の声  
 ・ちょいモテおやじになった気分
 ・明るい気持ちになった(高揚感を感じた)
 ・110パーセント、イカしたおやじになりました
 ・こんな楽しい気持ちになったのは久しぶり
 ・ファッションをきっかけに外へ出て、楽しむ気持ちを持ってほしい など

協力団体・企業等の紹介
 NPO法人シニアメイクセラピー協会、スタジオハートツリー
 株式会社JIN、クリエイティブケア研修会、筆工房禮
 ご協力いただきまして、ありがとうございました。

男性のみなさん、本当にお疲れ様でした。
これをきっかけにおやじパワーで、身近なおやじさんたちを引っ張り出して欲しいなと思います。(平林)