2018年10月2日火曜日

こども未来食堂オープン!

社会福祉法人フラワー園が、 法人の地域貢献事業としてこども食堂を開設しました。

子どもやそのご家族だけでなく、フラワー園を利用する高齢者の方々がボランティアとして関わり、多様な世代の交流をはかります。

『こども未来食堂』 
☻毎月第3日曜日11:00~13:00 デイサービスセンター西日置フラワー園
☻こども(高校生以下)無料、大人300円で気軽に参加できます。 




お子さんを連れて行くのに駐車場があるのは
うれしいですね!


9月16日の初回オープニングを飾ったのは、介護・福祉職に就いているスタッフ のみで構成されたアイドルユニット「FEN-Girls」!

歌とダンスで盛り上げてくださいました。






施設利用をされている方々、FEN-Girls、大学生の皆さんがボランティアとして活躍!
 
参加した子どもたちは人参の苗植え体験、
風船を使った飾りつけを楽しみました。

こども未来食堂では、今後とも
どの世代の方でも参加できる体験型の企画を
大切にしていきたいとのことでした。







厨房スタッフのみなさん“はい、チーズ”
おそろいのエプロンがいいですネ。
この日の献立はカレーライス!おなかいっぱい食べたかな?


楽しいひととき、おいしいお食事をありがとうございました!
食事だけでなく、子どもの体験活動、多世代交流も重視されているので、お子様のいつもと違った一面をひきだせるかも?(㋚)

みつば会、名古屋市工業高校との交流授業に参加


30年9月13日(木)、名古屋市立工業高校のライフデザインの授業にて、

みつば会(中川区社会福祉協議会の高齢者はつらつ長寿推進事業)の参加者12名と高校3年生29名が交流を行いました!

みつば会からは、名古屋市立工業高校にお住まいが近い参加者の中から、女性参加者と男性参加者それぞれ6名づつの方々が代表として参加、6つのグループに分かれて高校生と一緒に調理実習を行いました。

初めての工業高校生との交流授業ということもあり、学校の調理室に入ると参加者も最初はすこし緊張した面持ちでしたが、気軽に声をかけて下さる生徒の方々とすぐに打ち解けて明るい笑顔になりました。

グループで自己紹介を行い、いざ調理実習!

本日の調理メニューは、「豆腐白玉」♫

白玉粉と絹ごし豆腐を混ぜて、

丸くこねてお団子に。

あまからの醤油だれを煮て、

とろみがついたらお団子にかけて

出来上がり♪


日頃から料理の腕に自信がある参加者も、普段エプロンをつけて料理をしていない参加者も、手慣れた感じで調理に取り組む生徒の方々 と一緒に共同作業で楽しく調理を行えました。















試食タイムでは、

「もっちりしていて美味しかったわ!」

「あっという間に食べたのでもっと食べたいなあ。」などの声も・・・。

後片付けも、生徒の方々のリードを受けてテキパキ完了。

食後の交流では、参加者が自作の「折り紙で作った爪楊枝入れ」(一つづつ違った柄の可愛いシャツと傘の楊枝入れ)を全員にプレゼント。とっても喜んで頂き、作った方も感激ひとしお♪


就職試験や進学に向けた心構えについて、人生経験豊富な参加者から生徒の方々へエールを送る姿もあり、和気あいあいと会話が弾みました。

男性参加者と男子生徒が肩を組んで写真を撮ったり、握手を交わしたり、「参加して本当によかったわ!」と思わず涙をにじませる参加者も。

一人暮らしであったり、若い方との交流が少なくなっている参加者の方々には、とても楽しく、元気をたくさんいただける時間であったようです。

生徒の方々も、普段、祖父母と同居されていない方々が多いようで、「このような交流授業はとても貴重な機会です。」と話して下さいました。

最後に、全員で記念写真をパチリ。

とっても良い思い出になりました。


名古屋市立工業高校の先生方、生徒の皆様、みつば会と交流していただき、本当にありがとうございました。
高校生とみつば会の交流によって、世代や立場の違いはあれど相互により身近な存在として親近感を感じ、理解を深め、地域でつながっていくきっかけになれば幸いです。(ま)

2018年9月15日土曜日

富田高校 鳳祭(おおとりさい)

富田高校の学園祭に参加させていただくようになって4年目になりました。

あいにくの天気でしたが、今年も介護保険関連事業者連絡会の方々とコラボして、
楽しみながら福祉にふれることのできる企画で参加してきました。

フラワー園さんによる、
アロマジェル、コットンボールづくり


ヤマシタコーポレーションさんによる
           最新車いす試乗体験








                                            












社協担当エリアでは、毎年行っている高齢者疑似体験に加えて、
パラリンピック公式種目である『ボッチャ』の紹介をしました。



中川区で『ボッチャ』と言えば、“クローバークラブ”さんです。
※クローバークラブ・・・はつらつ長寿推進事業の男性参加者さんから生まれたボランティアグループ

クローバークラブさんは、普段からはつらつ長寿推進事業(通称:みつば会)の
会場で、参加者の皆さんと『ボッチャ』を楽しんでいます。

今日はボランティアで『ボッチャ体験』を担当してくれました。


いつもは大きなコートで実施していますが、今日はミニコートだったので、
小さなお子さんも楽しめましたね。


来場いただいた方には、『感想の木』に様々なメッセージをいただきました。

 
今日の体験を通して、少しでも何か感じていただくことができたらうれしいです。(幸) 
 
介護保険関連事業者連絡会の皆さん、クローバークラブの皆さんお疲れ様でした。
 


2018年9月7日金曜日

みつば会参加者中村さん白寿を迎える!!




いつも元気な中村さん。


体操の時も一番前で張り切ってやっておられる。
「わたしは、痛いところはどこもありません!」
周りの皆さんも弱音を吐いていられません。

「折り紙の見本を皆さんが持ってきてくれるので頑張って
いっぱい作っちゃうの。。」
今日も、中村さんに折り紙を教えてもらっています。



99歳を迎えた中村さんいつまでも私たちの
目標でいてくださいね。
                                  コバヤシ

2018年9月4日火曜日

(重要)「なかがわ男塾!」よりお知らせ

講座中止のお知らせ

9月19日(水)に講座を予定しておりました、
「介護の話  いざという時の介護力」 講座につきまして、
今回は開催定員に満たず、開催中止とさせていただくこととなりました。

 
この度は、お申込みいただいたにもかかわらず、
このようなご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。

深くお詫びを申し上げます。



なお、9月14日(金)の講座につきましては、予定通り開催いたします。

お問い合わせ、ご不明点などありましたら、事務局(352-8257)までご連絡ください。(平林) 

2018年9月3日月曜日

サマーボランティアスクールを開催しました

今年も区内の50施設(高齢・障がい・児童)の協力を得て、区内の中高生を対象に、夏休み期間中の4週間にわたってサマーボランティアスクールを開催しました。
参加者約250名、記録的な猛暑のなか、5日間の活動で様々な経験をしたと思います。サマーボランティアスクールの経験をきっかけに、これから身近なボランティア活動に参加してもらえると幸いです。(か)

2018年8月6日月曜日

「なかがわ男塾!」8月講座を開催しました!

なかがわ男塾!

 パラリンピック公式競技「ボッチャ」に挑戦!


 社協登録ボランティアグループで、男性メンバーのみで結成された
『クローバークラブ』(黄色のベスト)のみなさんと交流。
誰でも気軽にできるようなローカルルールに変えて、
用具もソフトボールなどに毛糸を巻きつけて作成したもので体験しました。

 初めてのボッチャでしたが、チーム戦で行うため、
お互い協力しながら交流することができていました。
 

ゲームを円滑にすすめる審判員のみなさん

混戦になり、ボール周辺に集まって戦況を見守る様子
 
トーナメント戦の結果です! 
 
 優勝 ②グループのみなさん
2位 ③グループのみなさん
3位 ①グループのみなさん


表彰式の様子
優勝メダルと副賞の授与
②グループのみなさん
☆優勝おめでとうございます☆

2位 おめでとうございます!

3位 おめでとうございます!
 



今回、ご一緒させていた「クローバークラブ」さんは、
地域の清掃活動や年末の大掃除に協力いただいたり、
とても社協と縁のある団体です。
福祉イベントや地域のお祭りなどにも引っ張りだこで、今後も活躍の場が期待されます。
また、ビール工場の見学やそば打ち体験などの余暇活動も企画され、
団体内の雰囲気もとてもいいです。
現在、メンバー募集中とのことで興味のある方は、
ぜひ一度見学してみてはいかがでしょうか?
 問合せ先:中川区社会福祉協議会(℡ 352-8257)まで
 
 
 
       ≪次回予告≫
                なかがわ男塾!9月講座             

           介護の話
「いざという時の介護力」講座
 
               ①9月14日(金)13:30~ 中川区在宅サービスセンター
                ②9月19日(水)13:30~ 西部いきいき支援センター分室
 
(申込):8月31日(金)まで受付中です!(平林)

2018年7月31日火曜日

なかがわ子ども楽校2018夏

7月30日(月)に中川区在宅サービスセンターで、31日(火)に富田北地域センターで、「なかがわ子ども楽校2018夏」を開催しました!

平成28年度から始まり、今回で4度目の実施となる「なかがわ子ども楽校」。
第3次地域福祉活動計画の中で、地域の皆さんと検討を重ねている「子どもの居場所づくり」のモデル事業です。

毎回定員以上のお申し込みをいただいていますが、今回も両日ともに25名以上の子どもたちに参加していただきました。

さらに、ボランティアとして活動計画の推進委員さんや、学生さんを含むたくさんの地域の皆さんにお手伝いをいただき、今回も両日ともに30名以上の方にご協力いただきました。
皆さんのお力をお借りしてこそ実施できるイベントです。本当にありがとうございます。

今回は、料理、あそび、習字、勉強のプログラムを用意しました。
「子ども楽校」では、子どもたちが自分のやりたいことを自由に選択しながら楽しんで過ごしていただいています。

☆料理☆

メニューはカレー、コールスローサラダ、あじさいゼリーです。

カレーの材料のじゃがいも、玉ねぎ、お米等は中川区内の住民の方から、
お肉は毎回ご協力をいただいている中日本フード株式会社様からご提供いただきました。
おいしくいただきました(*^_^*) いつもありがとうございます!
ボランティアの皆さんと一緒に材料を切ったり、まぜたり・・・
初めてお料理に挑戦するという子も、ボランティアさんに丁寧に教えてもらいながら進めていくので安心です。
 
お昼はみんなで集まって一緒に食べます。同じテーブルになった皆さんと楽しそうにおしゃべりをしながらごはんを食べていました!芸能人の話題で盛り上がっていたテーブルでは、かなりの世代間ギャップに、子どもたちもボランティアさんもびっくりしていました。(゜o゜)
 
 
☆あそび☆
 
今回用意したのは、ストローハウス作り、竹の水鉄砲づくり、折り紙飛行機づくり、将棋の4つです。

名古屋なかがわ災害ボランティアネットワークの皆さんにご協力いただきました。
ストローハウスは初めて作ったという子が多かったです。
 
手加減なしの真剣勝負です!
 
いろいろな種類の折り紙飛行機をつくって楽しみました。
 
午後からは竹の水鉄砲を持って近所の公園へ。
きれいに飛びました!
 
材料の竹は、中川区内の元竹材店の方と、活動計画推進委員の方にご提供いただき、
それを子どもたちが使いやすいように穴をあけたり、削ったり、ボランティアさんが加工して下さいました。
色々なボランティアさんに、それぞれのお得意な分野で活躍していただきました。
 
☆勉強・習字☆
 
分からないところはボランティアさんに聞きながら進めていきます。
 
普段習字の指導をしていらっしゃる方にボランティアとしてご協力いただき、本格的な指導をしていただきました。
 
最後に子どもたち、ボランティアの皆さんから今日の感想をお伺いすると、
子どもたちからは、
「水鉄砲が楽しかった。」
「カレーがおいしかった。」
「高校生のお兄さん、お姉さんと楽しくあそべてよかった。」
ボランティアの皆さんからは、
「普段関わることの少ない子どもたちと過ごせて本当に楽しかった。」
「興味を持ってもらえてうれしかった。」
などの感想をいただきました。
最後に、これまたボランティアの方にすべて手づくりで作っていただいたお手玉と、サポートセンターbeing小本さんからご提供いただいた「あんぱん」をお渡ししました。
家に帰ってからも、家族の方と今日のことを思い出してお話ししてもらえるように、との思いから作って下さったものです。
 
あそびや勉強、料理を通じて世代を超えて交流し、普段なかなか触れ合う機会のない子ども同士が、子どもと地域が、地域の皆さん同士が、お互いにつながりあう「子ども楽校」が、今後区内にどんどん広がっていけばいいなと思っています。
「自分たちの住む地域でもやってみたいな・・・できそうかな・・・」と興味を持っていただけたら嬉しいです。
 
「なかがわ子ども楽校2018夏」にご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!
 
(鈴木ま)